<上>「ダルク」では取材依頼の電話をオレが受けて断ることも

公開日: 更新日:

 昨年7月、覚醒剤取締法違反で3年6月の刑期を終え、東京・府中刑務所から出所した田代まさし(58)。今年2月、薬物依存者のための回復支援民間施設「ダルク(DARC)」に入り、スタッフとして勤務。3月には「マーシーの薬物リハビリ日記」の出版記念イベントを開催し、久々に公の場へ姿を見せて話題になった。そんな田代にあらためて薬物、家族、近況について聞いた。

 覚醒剤をやる人ってよく「軽い気持ちで」というけど、オレも周りもシンナー経験者で、高校卒業と同時にシンナーも“卒業”した青春時代だったから、覚醒剤にも同じイメージがあった。だから、いつか“卒業”すると思ってたし、最初に覚醒剤をやったときは全然ハマらないから「こんなもんか」で終わっていた。

 それでもハマったのはタレントとして「面白いことを言い続けなきゃいけない」というプレッシャーもあったけど、「押すな」と書いたボタンがあると押したくなるように、オレたちみたいな人種は「ルールがあるから破りたい」。「薬」という字は中に楽しいっていう字が入ってるだけあって、楽しいし幸せ。やったことない人には説明できないから、「1回打ってみて」と言いたいくらい(笑い)。でも、だんだん快感の反動の苦しみから逃れるためにやるようになったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

もっと見る