<上>「ダルク」では取材依頼の電話をオレが受けて断ることも

公開日: 更新日:

 昨年7月、覚醒剤取締法違反で3年6月の刑期を終え、東京・府中刑務所から出所した田代まさし(58)。今年2月、薬物依存者のための回復支援民間施設「ダルク(DARC)」に入り、スタッフとして勤務。3月には「マーシーの薬物リハビリ日記」の出版記念イベントを開催し、久々に公の場へ姿を見せて話題になった。そんな田代にあらためて薬物、家族、近況について聞いた。

 覚醒剤をやる人ってよく「軽い気持ちで」というけど、オレも周りもシンナー経験者で、高校卒業と同時にシンナーも“卒業”した青春時代だったから、覚醒剤にも同じイメージがあった。だから、いつか“卒業”すると思ってたし、最初に覚醒剤をやったときは全然ハマらないから「こんなもんか」で終わっていた。

 それでもハマったのはタレントとして「面白いことを言い続けなきゃいけない」というプレッシャーもあったけど、「押すな」と書いたボタンがあると押したくなるように、オレたちみたいな人種は「ルールがあるから破りたい」。「薬」という字は中に楽しいっていう字が入ってるだけあって、楽しいし幸せ。やったことない人には説明できないから、「1回打ってみて」と言いたいくらい(笑い)。でも、だんだん快感の反動の苦しみから逃れるためにやるようになったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る