カメラ片手に旅立ちたくなる“アラフィフ”向けウェブドラマ

公開日:  更新日:

 ドラマ仕立てで視聴者に「続きはどうなるの?」と期待させるテレビCMは、いまや商品プロモーションの常套手段。各社は15秒や30秒で多くの共感を得ようとしのぎを削るが、そんななかカメラのキヤノンがユニークな手法に初挑戦し話題になっている。

 デジタル一眼レフカメラ「EOS 8000D」の新発売を機に、1話約5分・全10話のオリジナル連続ウェブドラマ「遠まわりしようよ、と少年が言った。」を、4月17日から順次公開しているのだ。

 仕事への情熱を失った50歳のサラリーマン・樋口浩介(光石研)が、オフィスで偶然手に取ったガイドブックをきっかけに、中学時代を過ごした瀬戸内海の小豆島へ向かう。島で突然出会った"謎の少年"に導かれるように島内を巡ると、そこで懐かしい人々と次々再会、当時の思い出が甦り……という"大人のファンタジー"ともいえる物語。主題歌「私の人生」は、ロックアーティスト佐野元春による書き下ろしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る