カメラ片手に旅立ちたくなる“アラフィフ”向けウェブドラマ

公開日: 更新日:

 ドラマ仕立てで視聴者に「続きはどうなるの?」と期待させるテレビCMは、いまや商品プロモーションの常套手段。各社は15秒や30秒で多くの共感を得ようとしのぎを削るが、そんななかカメラのキヤノンがユニークな手法に初挑戦し話題になっている。

 デジタル一眼レフカメラ「EOS 8000D」の新発売を機に、1話約5分・全10話のオリジナル連続ウェブドラマ「遠まわりしようよ、と少年が言った。」を、4月17日から順次公開しているのだ。

 仕事への情熱を失った50歳のサラリーマン・樋口浩介(光石研)が、オフィスで偶然手に取ったガイドブックをきっかけに、中学時代を過ごした瀬戸内海の小豆島へ向かう。島で突然出会った"謎の少年"に導かれるように島内を巡ると、そこで懐かしい人々と次々再会、当時の思い出が甦り……という"大人のファンタジー"ともいえる物語。主題歌「私の人生」は、ロックアーティスト佐野元春による書き下ろしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る