カメラ片手に旅立ちたくなる“アラフィフ”向けウェブドラマ

公開日:  更新日:

 ドラマ仕立てで視聴者に「続きはどうなるの?」と期待させるテレビCMは、いまや商品プロモーションの常套手段。各社は15秒や30秒で多くの共感を得ようとしのぎを削るが、そんななかカメラのキヤノンがユニークな手法に初挑戦し話題になっている。

 デジタル一眼レフカメラ「EOS 8000D」の新発売を機に、1話約5分・全10話のオリジナル連続ウェブドラマ「遠まわりしようよ、と少年が言った。」を、4月17日から順次公開しているのだ。

 仕事への情熱を失った50歳のサラリーマン・樋口浩介(光石研)が、オフィスで偶然手に取ったガイドブックをきっかけに、中学時代を過ごした瀬戸内海の小豆島へ向かう。島で突然出会った"謎の少年"に導かれるように島内を巡ると、そこで懐かしい人々と次々再会、当時の思い出が甦り……という"大人のファンタジー"ともいえる物語。主題歌「私の人生」は、ロックアーティスト佐野元春による書き下ろしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る