ダイワハウスCMの舞台 あの「赤い屋根の家」が取り壊しへ

公開日: 更新日:

「着いたよ」という上野樹里のセリフから始まるダイワハウスのCM。数々の映画やドラマ、CMの舞台になった「赤い屋根の家」がもう見られなくなる。

 赤い屋根の家は、東急東横線の田園調布駅からほど近く、有形文化財にも登録される「鈴木家住宅主屋」だ。ドラマ「眠れる森」、映画「小さいおうち」の舞台にもなった鈴木家だが、近く取り壊される。

 実際に訪れてみると、庭にはトラックが停車し、木々の伐採が進んでいた。近隣の住民はこう言う。

「元のオーナーの奥さまが一昨年の10月ごろに亡くなった後、ご長男が引き継ぎましたが、相続税や管理費がかさむこともあり、手放すことにしたようです。町のシンボル的な存在だったので残念です」

■相続税は億単位か

 赤い屋根の家は、1918年に渋沢栄一らによって練られた田園都市構想に基づき建築されたというから、築年数は100年近い。木造2階建ての洋館は、今でこそ高級住宅街の中でも異彩を放つが、かつては同様の家屋が立ち並んでいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  3. 3

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  4. 4

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  5. 5

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  6. 6

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  7. 7

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  8. 8

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  9. 9

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る