ダイワハウスCMの舞台 あの「赤い屋根の家」が取り壊しへ

公開日:  更新日:

「着いたよ」という上野樹里のセリフから始まるダイワハウスのCM。数々の映画やドラマ、CMの舞台になった「赤い屋根の家」がもう見られなくなる。

 赤い屋根の家は、東急東横線の田園調布駅からほど近く、有形文化財にも登録される「鈴木家住宅主屋」だ。ドラマ「眠れる森」、映画「小さいおうち」の舞台にもなった鈴木家だが、近く取り壊される。

 実際に訪れてみると、庭にはトラックが停車し、木々の伐採が進んでいた。近隣の住民はこう言う。

「元のオーナーの奥さまが一昨年の10月ごろに亡くなった後、ご長男が引き継ぎましたが、相続税や管理費がかさむこともあり、手放すことにしたようです。町のシンボル的な存在だったので残念です」

■相続税は億単位か

 赤い屋根の家は、1918年に渋沢栄一らによって練られた田園都市構想に基づき建築されたというから、築年数は100年近い。木造2階建ての洋館は、今でこそ高級住宅街の中でも異彩を放つが、かつては同様の家屋が立ち並んでいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る