• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CM、カレンダー…松岡修造は“錦織特需”でいくら稼ぐ?

 とにかくテレビをつければ、嫌でも目に入ってくるのが、この“むさくるしいほど熱い男”である。何しろCM起用数11社で男性部門トップ。さらにバラエティー番組やスポーツ番組に出演しまくっているのだから、それも当然だろう。

 1万部売れればヒットといわれるカレンダーの世界でも、「まいにち、修造!」(PHP研究所)が現在10刷り、累計40万部に迫る勢い。「今日から君は噴水だ!」など、松岡独特の名言(?)が日めくりで楽しめる構成が受けて、入荷すれば売り切れてしまうほどのベストセラーになっている。定価1080円のカレンダーがネットオークションでは4000円台で取引されているケースまであるというから驚きだ。このブームに乗って、過去に出版した著作も軒並みランキングを上げている。

 それだけではない。この6日に発表された「新成人が理想とする働き方」調査(ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会)の「理想の社会人」ランキングでは、「父親」「先輩」など身近な人に交ざって、「イチロー」の5位に次ぐ、6位に選ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る