CM、カレンダー…松岡修造は“錦織特需”でいくら稼ぐ?

公開日: 更新日:

 とにかくテレビをつければ、嫌でも目に入ってくるのが、この“むさくるしいほど熱い男”である。何しろCM起用数11社で男性部門トップ。さらにバラエティー番組やスポーツ番組に出演しまくっているのだから、それも当然だろう。

 1万部売れればヒットといわれるカレンダーの世界でも、「まいにち、修造!」(PHP研究所)が現在10刷り、累計40万部に迫る勢い。「今日から君は噴水だ!」など、松岡独特の名言(?)が日めくりで楽しめる構成が受けて、入荷すれば売り切れてしまうほどのベストセラーになっている。定価1080円のカレンダーがネットオークションでは4000円台で取引されているケースまであるというから驚きだ。このブームに乗って、過去に出版した著作も軒並みランキングを上げている。

 それだけではない。この6日に発表された「新成人が理想とする働き方」調査(ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会)の「理想の社会人」ランキングでは、「父親」「先輩」など身近な人に交ざって、「イチロー」の5位に次ぐ、6位に選ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る