渡部と正反対 佐々木希も愛想尽かした二宮和也の“ケチ臭さ”

公開日:  更新日:

 元NHKの神田愛花アナ(34)とバナナマンの日村勇紀(42)、佐々木希(27)とアンジャッシュの渡部建(42)の熱愛騒ぎ。どちらもビックリだが、佐々木は以前は「嵐」の二宮和也と交際していたから、アイドルからの乗り換えだ。「ニノに佐々木が振られた」という説もあるが、佐々木が愛想を尽かした面も否めない。

 渡部は昨年、グルメ本「芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒」という本まで出した“おもてなし”のプロ。佐々木とオシャレな都内の隠れ家で食事を楽しんだりしたが、二宮は渡部とは正反対の行動パターンの男なのだ。

「番組でもしゃべっているのですが、二宮は見た目と異なり、年末年始に1年間の領収書の整理をするような、およそ芸能人らしくない地味な男です。それでタクシーの領収書が何枚もなかったなんてしゃべり、ケチ臭いんです。しかも、友だちが少なくて部屋にこもってゲームばかりやっている“オタク”。特技は華麗なトランプさばきだから、佐々木にしてみれば面白みがない。相葉雅紀とも付き合ったという話もあったけど、佐々木はチマチマしたジャニーズの男が嫌になったともいえます」(マスコミ関係者)

 佐々木がケチな男から“おもてなしの男”に乗り換えたともいえる。モテるにはマメなのが一番ということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る