渡部と正反対 佐々木希も愛想尽かした二宮和也の“ケチ臭さ”

公開日: 更新日:

 元NHKの神田愛花アナ(34)とバナナマン日村勇紀(42)、佐々木希(27)とアンジャッシュの渡部建(42)の熱愛騒ぎ。どちらもビックリだが、佐々木は以前は「嵐」の二宮和也と交際していたから、アイドルからの乗り換えだ。「ニノに佐々木が振られた」という説もあるが、佐々木が愛想を尽かした面も否めない。

 渡部は昨年、グルメ本「芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒」という本まで出した“おもてなし”のプロ。佐々木とオシャレな都内の隠れ家で食事を楽しんだりしたが、二宮は渡部とは正反対の行動パターンの男なのだ。

「番組でもしゃべっているのですが、二宮は見た目と異なり、年末年始に1年間の領収書の整理をするような、およそ芸能人らしくない地味な男です。それでタクシーの領収書が何枚もなかったなんてしゃべり、ケチ臭いんです。しかも、友だちが少なくて部屋にこもってゲームばかりやっている“オタク”。特技は華麗なトランプさばきだから、佐々木にしてみれば面白みがない。相葉雅紀とも付き合ったという話もあったけど、佐々木はチマチマしたジャニーズの男が嫌になったともいえます」(マスコミ関係者)

 佐々木がケチな男から“おもてなしの男”に乗り換えたともいえる。モテるにはマメなのが一番ということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る