安藤優子「グッディ!」に激震 後ろ盾の夫が子会社に“左遷”

公開日:  更新日:

 春の大改編も惨敗続きのフジテレビだが、今年も6月人事の季節がやってきた。昨年は開局以来の大規模シャッフルを断行、全社員1500人の3分の2にあたる1040人を配置転換したのは記憶に新しい。あれから1年が経とうとしている今、亀山千広社長(58)の青写真通りとは言い難い状況なのは火を見るより明らかだが、本紙が入手した幹部人事の内示情報を見る限り、今年も波乱含みになりそうだ。

 たとえば、とんねるずの育ての親で80年代後半から90年代にかけて同局のバラエティーの一時代を築いた港浩一常務。お台場を離れ、子会社である共同テレビの社長に就任する。昨年7月に佐藤江梨子似の女性と伊東温泉での“不倫旅行”が週刊誌で報じられるぐらいタレント顔負けの有名人である。そして注目は、この人。安藤優子の夫、堤康一氏の転出だ。

 情報制作局制作担当局長のポジションから、フジが100%出資する子会社の制作プロダクション「ネクステップ」代表取締役社長に就任するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る