安藤優子「グッディ!」に激震 後ろ盾の夫が子会社に“左遷”

公開日:  更新日:

 春の大改編も惨敗続きのフジテレビだが、今年も6月人事の季節がやってきた。昨年は開局以来の大規模シャッフルを断行、全社員1500人の3分の2にあたる1040人を配置転換したのは記憶に新しい。あれから1年が経とうとしている今、亀山千広社長(58)の青写真通りとは言い難い状況なのは火を見るより明らかだが、本紙が入手した幹部人事の内示情報を見る限り、今年も波乱含みになりそうだ。

 たとえば、とんねるずの育ての親で80年代後半から90年代にかけて同局のバラエティーの一時代を築いた港浩一常務。お台場を離れ、子会社である共同テレビの社長に就任する。昨年7月に佐藤江梨子似の女性と伊東温泉での“不倫旅行”が週刊誌で報じられるぐらいタレント顔負けの有名人である。そして注目は、この人。安藤優子の夫、堤康一氏の転出だ。

 情報制作局制作担当局長のポジションから、フジが100%出資する子会社の制作プロダクション「ネクステップ」代表取締役社長に就任するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る