低迷理由をドラマに押しつけ…フジ亀山社長が“ネット炎上”

公開日:  更新日:

 4月にスタートした新番組の視聴率が軒並み低調で“壊滅危機”に陥っているフジテレビ。

 亀山千広社長(58)は24日の定例会見で「イライラしています」と語り、「この状態の1番の原因を作ったのはドラマだと思う」と指摘したが、この発言をめぐってネットは“炎上”。泣きっ面の蜂の状態だ。

 フジの新番組で視聴率がより低迷しているのは、ドラマよりむしろバラエティーや情報番組ともっぱら。とりわけ安藤優子キャスター司会の情報番組「直撃LIVEグッディ!」は、1%台も記録する大惨敗で話題になった。

 データを半ば無視した亀山氏の発言が大きな反感を買ったようで、<そういう言動が現場の士気を下げて番組の質を落とすんだよ><亀山さんが一番わかってない!><イライラしていますとか、あんたの心境なんて知ったこっちゃないよ>などなど、散々な言われようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る