低迷理由をドラマに押しつけ…フジ亀山社長が“ネット炎上”

公開日:  更新日:

 4月にスタートした新番組の視聴率が軒並み低調で“壊滅危機”に陥っているフジテレビ。

 亀山千広社長(58)は24日の定例会見で「イライラしています」と語り、「この状態の1番の原因を作ったのはドラマだと思う」と指摘したが、この発言をめぐってネットは“炎上”。泣きっ面の蜂の状態だ。

 フジの新番組で視聴率がより低迷しているのは、ドラマよりむしろバラエティーや情報番組ともっぱら。とりわけ安藤優子キャスター司会の情報番組「直撃LIVEグッディ!」は、1%台も記録する大惨敗で話題になった。

 データを半ば無視した亀山氏の発言が大きな反感を買ったようで、<そういう言動が現場の士気を下げて番組の質を落とすんだよ><亀山さんが一番わかってない!><イライラしていますとか、あんたの心境なんて知ったこっちゃないよ>などなど、散々な言われようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る