フジ昼ワイドは“夫婦総力戦” 安藤優子の夫が自ら制作指揮

公開日: 更新日:

「外部のプロデューサーにアプローチしたり、局内外を含め、あらゆる道を探ってきたが、担当局長自ら“制作総指揮”をとるそうです」(フジテレビ関係者)

 4月から始まるフジの新情報番組。フリージャーナリストの安藤優子(56)を看板司会に擁立し、ひとり勝ち状態の宮根誠司(51)の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に挑む、平日午後2時のワイドショー戦争の続報だ。

 安藤の相方には俳優の高橋克実(53)を起用。「報道の女王」と癒やし系中年俳優の異色コンビは昨年発表されていたが、一体誰が番組制作を取り仕切るのか。采配を振る人材選びは「顔」以上に難航したという。そして、最終的に白羽の矢が立ったのが、ワイドショーや情報番組を手がける情報制作局の堤康一局長(56)。フジの重役にして、安藤優子の2番目の夫である。

「06年の再婚発表時、十年来の不倫の末の略奪婚と騒がれた」(放送関係者)が、テレビマンとしては超敏腕。プロデューサー時代には「めざましテレビ」を日テレ系の「ズームイン」を上回る朝のトップ番組に押し上げ、低視聴率だった「スーパーニュース」も安藤を起用し、巻き返したのは有名な話である。12年から現在の役職に就く傍ら、「主に『Mr.サンデー』に統括編集長として名を連ねている。つまり、新番組では自分の番組のMCである宮根と戦うことになる。彼の手の内を把握しているのはむしろ好都合だし、自らの駒のこと(=安藤)は言うまでもなく知り尽くしている。これ以上ない適任者というわけです」(別のフジ関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る