日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジ昼ワイドは“夫婦総力戦” 安藤優子の夫が自ら制作指揮

「外部のプロデューサーにアプローチしたり、局内外を含め、あらゆる道を探ってきたが、担当局長自ら“制作総指揮”をとるそうです」(フジテレビ関係者)

 4月から始まるフジの新情報番組。フリージャーナリストの安藤優子(56)を看板司会に擁立し、ひとり勝ち状態の宮根誠司(51)の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に挑む、平日午後2時のワイドショー戦争の続報だ。

 安藤の相方には俳優の高橋克実(53)を起用。「報道の女王」と癒やし系中年俳優の異色コンビは昨年発表されていたが、一体誰が番組制作を取り仕切るのか。采配を振る人材選びは「顔」以上に難航したという。そして、最終的に白羽の矢が立ったのが、ワイドショーや情報番組を手がける情報制作局の堤康一局長(56)。フジの重役にして、安藤優子の2番目の夫である。

「06年の再婚発表時、十年来の不倫の末の略奪婚と騒がれた」(放送関係者)が、テレビマンとしては超敏腕。プロデューサー時代には「めざましテレビ」を日テレ系の「ズームイン」を上回る朝のトップ番組に押し上げ、低視聴率だった「スーパーニュース」も安藤を起用し、巻き返したのは有名な話である。12年から現在の役職に就く傍ら、「主に『Mr.サンデー』に統括編集長として名を連ねている。つまり、新番組では自分の番組のMCである宮根と戦うことになる。彼の手の内を把握しているのはむしろ好都合だし、自らの駒のこと(=安藤)は言うまでもなく知り尽くしている。これ以上ない適任者というわけです」(別のフジ関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事