「絶対受けて」はるな愛がDAIGOに24時間マラソン出場のススメ

公開日:  更新日:

 “先輩”として出場を熱望した。25日、はるな愛(42)が「WELCOME TO JAPAN PROJECT」実行委員会の第1弾プロジェクト発足式に登場。「24時間テレビ」(日本テレビ系)のチャリティーマラソンランナーに指名されて決断を保留中のDAIGO(37)に「絶対に受けてほしい」とエールを送った。

 はるなは2010年に初の「ニューハーフ走者」として85キロを走破した“先輩ランナー”。2人はプライベートでも親交があるそうで、「私も1日悩んだけど、断る理由がなかった。年に1度、1人しかできない経験。DAIGOちゃんには(本人が)会見とかしてから連絡したい」と熱心に出場を勧めていた。

 26日の「幸せ! ボンビーガール」の生放送までに決断しなければならないDAIGOだが、この期に及んでの「NO」は可能性として低い。完走後、交際中の北川景子(28)にプロポーズするという最高のシナリオにも二つ返事で挑んでほしいものだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る