業界はシラけ気味…24時間テレビにJUMP起用のウラ事情

公開日: 更新日:

 毎年夏に放送される日本テレビ系の大型チャリティー特番「24時間テレビ」。そのメーンパーソナリティーが、ジャニーズ事務所のV6とHey!Say!JUMPに決定して話題だ。

 V6は15年ぶり、「――JUMP」は初めての大役となるが、グループ2組が合同で担当するのは史上初。2組合わせて15人という人数も史上最多となるが、業界内はどっちらけだという。

「同番組のメーンパーソナリティーは03年からずっとジャニーズの既得権益。嵐が3回、TOKIOと関ジャニ∞が2回ずつ。V6は00年に当時メーンだった『チャリティーパーソナリティー』に次ぐ『番組パーソナリティー』を務めたので今回は格上げ。V6はデビュー20周年イヤーなので納得ですが、数あるグループの中でも人気が低い『――JUMP』はジャニーズがバーターで押し込んだともっぱらです。これではほかの事務所のタレントが入る余地はない」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  9. 9

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  10. 10

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る