日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「第二の山口百恵」揚田亜紀さん 今は歯科院長夫人で“CEO”

 “第二の……”はあらゆるジャンルで新人を売り出す際の定番だが、この人は“第二の山口百恵”がキャッチフレーズだった。90年にデビューした揚田亜紀さん(43歳)だ。アイドルとしてはもちろん、バラエティー番組やリポーター、美人実業家でも話題になった。しかし、最近は名前を聞かない。今どうしているのか。

「こんにちは! 初めまして。揚田です」

 上野から常磐線快速で約1時間。茨城県はJR牛久駅から8分ほどのショッピングセンターの一角にある「ヒナ歯科&ケアクリニック」を訪ねると、笑顔の揚田さんがいた。

「去年の10月10日、ショッピングセンターのオープンとともに開業しました。院長は13年1月23日に結婚したダンナ。ワタシの仕事は当院の広報、渉外、スタッフ教育、それと経営全般に目を配ること。今風にいうとCEO(最高経営責任者)ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事