「第二の山口百恵」揚田亜紀さん 今は歯科院長夫人で“CEO”

公開日:  更新日:

 “第二の……”はあらゆるジャンルで新人を売り出す際の定番だが、この人は“第二の山口百恵”がキャッチフレーズだった。90年にデビューした揚田亜紀さん(43歳)だ。アイドルとしてはもちろん、バラエティー番組やリポーター、美人実業家でも話題になった。しかし、最近は名前を聞かない。今どうしているのか。

「こんにちは! 初めまして。揚田です」

 上野から常磐線快速で約1時間。茨城県はJR牛久駅から8分ほどのショッピングセンターの一角にある「ヒナ歯科&ケアクリニック」を訪ねると、笑顔の揚田さんがいた。

「去年の10月10日、ショッピングセンターのオープンとともに開業しました。院長は13年1月23日に結婚したダンナ。ワタシの仕事は当院の広報、渉外、スタッフ教育、それと経営全般に目を配ること。今風にいうとCEO(最高経営責任者)ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る