日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

手抜きじゃないのか 「クロ現」「おはよう日本」ネタが丸かぶり

【連載コラム 桧山珠美の「あれもこれも言わせて」】

 16日放送「クローズアップ現代」(NHK)は「そのパソコン遺して死ねますか?~デジタル時代の新たな“遺品”~」というものだった。

 写真やブログ、ネットショッピングに株取引の履歴、パソコン内には膨大なデータが入っている。自分の死後、それらがどうなってしまうのか。また、残された家族はデジタル遺品とどう向き合えばいいのか。

 番組では生前整理を試みる80代の男性、夫の死後、残されたデジタルデータに悩む40代の妻、息子が生きた証しと息子の死後、パソコンの使い方を覚え、息子のブログを引き継ぐ母などを取り上げてまとめていた。

 さらには、デジタル遺品整理サービス会社の内容を紹介。顔認識技術を使って、写真データは本人や家族の写っているもののみを取り出し、きわどい写真は削除して家族に渡し、ハードディスクは粉砕する。亡くなった後のこととはいえ、真面目だと思っていた父親や夫の死後、パソコンをみたらエロ画像(NHK的表現は“きわどい写真”)だらけ、なんてことになったらショックを受ける家族もいるはず。そう考えると、この手のサービス会社、これから伸びる産業かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事