手抜きじゃないのか 「クロ現」「おはよう日本」ネタが丸かぶり

公開日:  更新日:

【連載コラム 桧山珠美の「あれもこれも言わせて」】

 16日放送「クローズアップ現代」(NHK)は「そのパソコン遺して死ねますか?~デジタル時代の新たな“遺品”~」というものだった。

 写真やブログ、ネットショッピングに株取引の履歴、パソコン内には膨大なデータが入っている。自分の死後、それらがどうなってしまうのか。また、残された家族はデジタル遺品とどう向き合えばいいのか。

 番組では生前整理を試みる80代の男性、夫の死後、残されたデジタルデータに悩む40代の妻、息子が生きた証しと息子の死後、パソコンの使い方を覚え、息子のブログを引き継ぐ母などを取り上げてまとめていた。

 さらには、デジタル遺品整理サービス会社の内容を紹介。顔認識技術を使って、写真データは本人や家族の写っているもののみを取り出し、きわどい写真は削除して家族に渡し、ハードディスクは粉砕する。亡くなった後のこととはいえ、真面目だと思っていた父親や夫の死後、パソコンをみたらエロ画像(NHK的表現は“きわどい写真”)だらけ、なんてことになったらショックを受ける家族もいるはず。そう考えると、この手のサービス会社、これから伸びる産業かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る