手抜きじゃないのか 「クロ現」「おはよう日本」ネタが丸かぶり

公開日: 更新日:

【連載コラム 桧山珠美の「あれもこれも言わせて」】

 16日放送「クローズアップ現代」(NHK)は「そのパソコン遺して死ねますか?~デジタル時代の新たな“遺品”~」というものだった。

 写真やブログ、ネットショッピングに株取引の履歴、パソコン内には膨大なデータが入っている。自分の死後、それらがどうなってしまうのか。また、残された家族はデジタル遺品とどう向き合えばいいのか。

 番組では生前整理を試みる80代の男性、夫の死後、残されたデジタルデータに悩む40代の妻、息子が生きた証しと息子の死後、パソコンの使い方を覚え、息子のブログを引き継ぐ母などを取り上げてまとめていた。

 さらには、デジタル遺品整理サービス会社の内容を紹介。顔認識技術を使って、写真データは本人や家族の写っているもののみを取り出し、きわどい写真は削除して家族に渡し、ハードディスクは粉砕する。亡くなった後のこととはいえ、真面目だと思っていた父親や夫の死後、パソコンをみたらエロ画像(NHK的表現は“きわどい写真”)だらけ、なんてことになったらショックを受ける家族もいるはず。そう考えると、この手のサービス会社、これから伸びる産業かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る