今、なぜ若尾文子なのか 大映時代の出演作一挙上映の真相

公開日:  更新日:

 若尾文子が時ならぬブーム――。大映時代の彼女の出演作を集めて上映する「若尾文子映画祭 青春」が27日から、新宿の角川シネマ新宿で開催される。上映本数はなんと60本。若尾にとっても、一人の俳優としても、かつてない規模の上映である。

 作品をちょっと並べてみると、その多くが映画史の中で重要な位置づけのものばかり。「祇園囃子」「赤線地帯」「しとやかな獣」「雁の寺」「『女の小箱』より 夫が見た」「卍」「氷点」「刺青」「華岡青洲の妻」などまさにキラ星のごとく。

 大映作品の権利を現在所有するのはKADOKAWA。同社が一人の俳優で、これほど多くの作品上映を集中的に行うのは、同じ大映出演作品の多い市川雷蔵ぐらい。

 では、なぜ今、若尾文子なのか。

 今も現役バリバリでCMに登場し、知名度が高い。テレビなどに登場するときの着物姿が、あでやかさと可愛さを兼ね備えていて、若い世代にも好印象を与えている。加えて、大映時代の彼女の出演作がDVDなどで今も人気を誇っている。しかも、監督は溝口健二や吉村公三郎、山本薩夫、増村保造、川島雄三といった巨匠、名匠で、一本一本のクオリティーがとても高いのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る