日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1館で興収1億円 映画「セッション」歌舞伎町で大人気のワケ

 2月に開催された米アカデミー賞で助演男優賞(J・K・シモンズ=写真・AP)など3部門を受賞した「セッション」が異色の興行を続けている。歌舞伎町にあるTOHOシネマズ新宿だけで、何と興収1億円突破が目前に迫っているのである。

 本作は4月17日から公開された。同館では6月3日時点で興収9800万円を記録し、この土日で1億円を超える見通しだ。ちなみに、全国興収は3億7500万円。つまり、新宿地区の1館だけで全体の30%近くを占める。ありえないようなシェアの高さなのだ。

 最近では拡大公開される作品でも1館で1億円突破はなかなか難しい。「セッション」はスタート時が16館。今も50館以下の小規模公開。そうした作品が1館だけで1億円を超えるのは極めてまれなケースと言える。

 もちろん、映画が面白くないと、こうしたことは起こらない。鬼教師が音楽学校に入学したばかりのジャズドラマー志願の生徒をしごきにしごく話なのだが、これが迫力満点なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事