1館で興収1億円 映画「セッション」歌舞伎町で大人気のワケ

公開日:  更新日:

 2月に開催された米アカデミー賞で助演男優賞(J・K・シモンズ=写真・AP)など3部門を受賞した「セッション」が異色の興行を続けている。歌舞伎町にあるTOHOシネマズ新宿だけで、何と興収1億円突破が目前に迫っているのである。

 本作は4月17日から公開された。同館では6月3日時点で興収9800万円を記録し、この土日で1億円を超える見通しだ。ちなみに、全国興収は3億7500万円。つまり、新宿地区の1館だけで全体の30%近くを占める。ありえないようなシェアの高さなのだ。

 最近では拡大公開される作品でも1館で1億円突破はなかなか難しい。「セッション」はスタート時が16館。今も50館以下の小規模公開。そうした作品が1館だけで1億円を超えるのは極めてまれなケースと言える。

 もちろん、映画が面白くないと、こうしたことは起こらない。鬼教師が音楽学校に入学したばかりのジャズドラマー志願の生徒をしごきにしごく話なのだが、これが迫力満点なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る