1館で興収1億円 映画「セッション」歌舞伎町で大人気のワケ

公開日: 更新日:

 2月に開催された米アカデミー賞で助演男優賞(J・K・シモンズ=写真・AP)など3部門を受賞した「セッション」が異色の興行を続けている。歌舞伎町にあるTOHOシネマズ新宿だけで、何と興収1億円突破が目前に迫っているのである。

 本作は4月17日から公開された。同館では6月3日時点で興収9800万円を記録し、この土日で1億円を超える見通しだ。ちなみに、全国興収は3億7500万円。つまり、新宿地区の1館だけで全体の30%近くを占める。ありえないようなシェアの高さなのだ。

 最近では拡大公開される作品でも1館で1億円突破はなかなか難しい。「セッション」はスタート時が16館。今も50館以下の小規模公開。そうした作品が1館だけで1億円を超えるのは極めてまれなケースと言える。

 もちろん、映画が面白くないと、こうしたことは起こらない。鬼教師が音楽学校に入学したばかりのジャズドラマー志願の生徒をしごきにしごく話なのだが、これが迫力満点なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  4. 4

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  5. 5

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  6. 6

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  7. 7

    新制度開始直前 前代未聞だった「全高長」の導入延期要請

  8. 8

    ジョセフHC契約延長も…ラグビー日本は守備コーチ残留せず

  9. 9

    巨人1位・堀田賢慎 花巻東出身の父が青森山田進学に後押し

  10. 10

    経済を揺るがす関電問題&前厚労政務官口利き疑惑も追及を

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る