日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3Dでセックス描写 カンヌで注目「LOVE」は日本公開可能か?

 24日に幕を閉じたカンヌ国際映画祭。多くの映画関係者が注目したのは、実はコンペティション部門で受賞した作品群ではなく、非コンペ部門で上映された「LOVE」だった。セックスや性器を3D映像で丸写しにするとんでもない作品である。

 監督はアルゼンチン出身のギャスパー・ノエ。これまで「アレックス」という作品で、イタリアのセクシー女優、モニカ・ベルッチを起用して大胆なレイプシーンを延々と撮るなど、過激な作風で知られる監督だ。

「LOVE」には、セックス描写ばかりか、何とおっ立った男根から精液が飛び散るシーンまであったそうだ。これが3D映像で観客側に迫ってくるのだから、おそらく多くの観客がのけぞったことだろう。

 3Dは今やあまり話題にならなくなった。飛び出す映像や奥行き感のある映像に、それほど魅力を感じなくなったからだ。しかし、3D映画であまり取り上げられていないのがセックスである。「LOVE」はそれを堂々とやってのけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事