3Dでセックス描写 カンヌで注目「LOVE」は日本公開可能か?

公開日:  更新日:

 24日に幕を閉じたカンヌ国際映画祭。多くの映画関係者が注目したのは、実はコンペティション部門で受賞した作品群ではなく、非コンペ部門で上映された「LOVE」だった。セックスや性器を3D映像で丸写しにするとんでもない作品である。

 監督はアルゼンチン出身のギャスパー・ノエ。これまで「アレックス」という作品で、イタリアのセクシー女優、モニカ・ベルッチを起用して大胆なレイプシーンを延々と撮るなど、過激な作風で知られる監督だ。

「LOVE」には、セックス描写ばかりか、何とおっ立った男根から精液が飛び散るシーンまであったそうだ。これが3D映像で観客側に迫ってくるのだから、おそらく多くの観客がのけぞったことだろう。

 3Dは今やあまり話題にならなくなった。飛び出す映像や奥行き感のある映像に、それほど魅力を感じなくなったからだ。しかし、3D映画であまり取り上げられていないのがセックスである。「LOVE」はそれを堂々とやってのけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る