• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画ヒット 主役もPRも万全にこなす大泉洋というブランド

 時代劇の「駆込み女と駆出し男」がヒットしている。最終の興収で10億円を超える見通しだ。昨年は「超高速!参勤交代」が15億5000万円のヒット。時代劇にちょっとした光が当たっている。いずれも松竹の製作だ。

「駆込み女――」は堂々たる時代劇に仕上がった。黒沢明監督のかつての時代劇を思わせるかのような、荘重な舞台装置に圧倒された。主要な舞台となる寺のなかには男子禁制の大奥ものを思い出させる淫靡さも漂う。時代劇のエッセンスが色とりどりにちりばめられていると言ったらいいか。

 俳優陣で出色なのは主役の大泉洋(42)。女たちが離婚成就のため駆け込む寺の居候男の役で、軽妙かつ明るい雰囲気が因果話のもつ暗い感じを取り払う。彼が放つ笑いはそれほど強烈ではないが、優しげな風貌が苦難の女性たちに向かうとき、ホッとした感じになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る