日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

滝クリよりも俳優業…小沢征悦はハリウッドで成功できるか

 世界的指揮者・小沢征爾氏の長男で俳優の小沢征悦(41)が、ハリウッドデビューを果たすことになった。しかも大役だ。出演が決まったのは、アメコミ系映画の脚本ではハリウッド随一ともいえるデヴィッド・S・ゴイヤー氏が監督を手がける、来年1月全米公開予定の「ザ・フォレスト」の助演俳優クラスの大役。自殺の名所としても有名な富士の青木ケ原樹海を舞台に、行方不明になった双子の姉を捜す主人公が死者の魂と戦いながら真相に到達するミステリーで、樹海を案内するガイド役を演じる。

 この知らせに、小沢は「日本での経歴など関係なく、自分の芝居だけで選んでもらえたことは大きな励みになる」と語っていたが、関係者も小沢がこの大役をオーディションで勝ち取ったことに大きな期待を抱いている。

「日本人俳優がハリウッドに進出する際の最大の壁はやはり英語。それができないと、片言の英語を話す日本人役や中国人役しか回ってこない。父・小沢征爾の仕事の関係でサンフランシスコで生まれ、ボストン大学に留学した経験もある小沢の英語力は抜群。おまけに身長も183センチあり、ハリウッド俳優と並んでも体格的に遜色ない」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事