「王様と私」渡辺謙が逃したトニー賞はどのくらいスゴイのか

公開日: 更新日:

 渡辺謙(55)が王様役を演じた主演ミュージカル「王様と私」でトニー賞主演男優賞を逃し、芸能マスコミが騒いでいる。「米演劇界で最も権威のある賞」だそうで、マスコミは落胆一色だが、そもそもトニー賞ってどれくらい偉いの?

「演劇の世界では『トニー賞』は“アメリカで”どころか世界で最も権威のある賞です。ほかにイギリスのオリヴィエ賞、フランスのモリエール賞などがありますが、比べものになりません。権威でいえばトニー賞がダントツです」(演劇ジャーナリスト・山田勝仁氏)

 よく映画祭では「カンヌ、ベネチア、ベルリンが3大映画祭で、それに続くのがモントリオールや東京国際映画祭」などといわれるが、あえて言えばトニー賞の主演男優賞を獲得したとすれば、カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞したようなもの。

「今回、渡辺さんは受賞を逃しましたが、出演作『王様と私』がリバイバル賞を受賞し、相手役のケリー・オハラは主演女優賞を取っています。これだけだって凄いことなのです」(前出の山田氏)

 ノミネートされただけでも快挙といえそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る