デング熱で話題になった紗綾が語る「売名行為」批判への苦悩

公開日:  更新日:

 去年夏、日本では70年ぶりの発症者が出て注目されたデング熱。発生元とされた代々木公園や新宿中央公園、新宿御苑などが「立ち入り制限」され、防護服姿の作業員が発生源とされる蚊を除去するための薬剤を散布する様子がニュース番組でものものしく放映された。

 今回登場の紗綾さんはTBSの「王様のブランチ」のロケ中に蚊に刺されてデング熱を発症。マスコミに大きく取り上げられた。あれから1年、紗綾チャン(21)は今どうしているのか。

「ブログのアクセスが2桁アップになったのに加え、それまでのレギュラー以外に、『ダウンタウンDX』(読売テレビ)、『有吉反省会』(日本テレビ)、『世界一受けたい授業』(同)や年末年始特番からけっこうオファーをいただきました。正直、お仕事が増えたのはありがたかったですね」

 東京・築地の所属事務所スタジオで会った紗綾チャン、まずはこういった。やっぱり、“デング熱特需”はあったんですな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る