• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デング熱で話題になった紗綾が語る「売名行為」批判への苦悩

 去年夏、日本では70年ぶりの発症者が出て注目されたデング熱。発生元とされた代々木公園や新宿中央公園、新宿御苑などが「立ち入り制限」され、防護服姿の作業員が発生源とされる蚊を除去するための薬剤を散布する様子がニュース番組でものものしく放映された。

 今回登場の紗綾さんはTBSの「王様のブランチ」のロケ中に蚊に刺されてデング熱を発症。マスコミに大きく取り上げられた。あれから1年、紗綾チャン(21)は今どうしているのか。

「ブログのアクセスが2桁アップになったのに加え、それまでのレギュラー以外に、『ダウンタウンDX』(読売テレビ)、『有吉反省会』(日本テレビ)、『世界一受けたい授業』(同)や年末年始特番からけっこうオファーをいただきました。正直、お仕事が増えたのはありがたかったですね」

 東京・築地の所属事務所スタジオで会った紗綾チャン、まずはこういった。やっぱり、“デング熱特需”はあったんですな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  5. 5

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  6. 6

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  7. 7

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る