日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高橋真麻 BBQ前に1人でフルコース平らげた“底なしの胃袋”

 夏は暑さで食欲が落ちるという人も多いというが、フリーアナウンサーの高橋真麻(33)の食欲は今日も絶好調だ――。

 真麻は29日、都内で行われた旅情バラエティー番組「武士ごはんランキング江戸VS金沢」(テレビ朝日系)の記者会見に、父で俳優の高橋英樹(71)とアンタッチャブル・山崎弘也(39)と共に出席。

「歴史の面白さを感じた」と満足気にロケの感想を語った父・英樹に対し、隣に座った真麻は「私自身は歴史にはあまり興味がなくて、父親が話してもあまり聞いていなかったんですけど、食べることが大好きなので“ご飯”を通じてだと歴史がすーっと入ってきた」と、食いしん坊ならではのエピソードを披露した。

 ロケの案内人を務めた山崎は「もう他人じゃないみたい。家族のようだった」と話すほど高橋親子に溶け込んだ様子だったが、会見の最後で報道陣に向かって、「(ロケの最中に真麻が)台本にないものを頼んでいました。それは『武士ごはん』でもなんでもないんですよ!?」と暴露。山崎に“食べっぷり”をバラされた真麻は、「今日は父親のもと、自由にやらせてもらいました」と弁明していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事