高橋真麻 宝塚に「失恋以来のマジ泣き」も居酒屋で”復活”

公開日:  更新日:

 フリーアナウンサーの高橋真麻(33)が14日、自身の公式ブログに“号泣姿”をアップした。

 宝塚歌劇団の星組の男役トップ、柚希礼音のサヨナラ公演「黒豹の如く」「Dear DIAMOND!!-101カラットの永遠の輝き」を観劇。実力と人気を兼ね備え、宝塚の中でも「トップ・オブ・トップ」の呼び声高い柚希のことを9年前から応援し続けてきたという真麻は、「柚希さんの宝塚での舞台がもう見られないと改めて実感して、観劇中ずっと涙が止まりませんでした。終わった後も…」と感無量の気持ちを綴った。

 先週もブログに、「宝塚は生きるモチベーション」「パパ公認の片思い」と投稿しており、生粋の”ヅカファン(=宝塚ファン)”で知られる真麻。

 一緒に観劇した人物が撮影したとみられる写真には、周りの観客たちが帰り支度を済ませ、徐々に劇場を後にしている中、ひとり下を向いて顔を手で覆う様子が映っており、「マジ泣きしたの、失恋した時ぶり…」と明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る