AKIRAも茨の道? “低視聴率”“打ち切り”ドラマ主役のその後

公開日: 更新日:

 ドラマ不調の流れがここまで来たか――。AKIRA主演の連続ドラマ「HEAT」(フジテレビ系)の低視聴率が注目の的である。11日の視聴率2.8%はテレ東を除く民放のゴールデン・プライムの今世紀最低。これまで低視聴率とか打ち切りで騒ぎになった連ドラの主役はその後どうかというと、悲惨な状況に追い込まれている。

 まず03年に放送された真中瞳主演の「メッセージ」(日本テレビ系)。当時はまだドラマが人気で、1ケタになっただけで打ち切りが囁かれた時代だが、「メッセージ」は6話で3.1%を記録。平均でも4%台で10回の予定が8回に短縮された。真中はこれで立ち直れず、民放での主役はなく、06年には所属事務所も辞め、09年に東風万智子と名前を変えて、2時間ドラマや連ドラのチョイ役で出演している。

 04年放送の「愛情イッポン!」(日テレ系)は人気絶頂だった松浦亜弥(29)の初主演ドラマだが、2話から1ケタにダウン。5話で4.5%になり、平均でも7%超と低迷。以後、女優路線から離脱していった。「HEAT」の2.8%の前にワーストだった13年の「夫のカノジョ」は川口春奈(20)の初主演作だが、5話に3.0%を記録し、8回で打ち切りになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る