• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
奥田瑛二
著者のコラム一覧
奥田瑛二映画監督、俳優

1950年、愛知県出身。「もっとしなやかに もっとしたたかに」(79年)で主役に抜擢され頭角を表して以降、数々のドラマや映画に出演。86年「海と毒薬」で毎日映画コンクール男優主演賞を受賞し、数々の映画賞に輝く。初監督作品は「少女~an adolescent」(01年)。15年は主演作「赤い玉、」ほか、「この国の空」「ベトナムの風に吹かれて」に出演。

<第2回>カメラの前ではスッポンポンになるのが奥田流です

奥田瑛二(C)日刊ゲンダイ

 僕は俳優生活40年、濡れ場をやらせたら他の誰にも負けない。自然体だろうがエキセントリックだろうが、そこは自負してきました。エロスも日常生活のワンシーンと変わらず、リアリティーをもって臨む。つまり、僕も相手の女優さんもカメラの前ではスッポンポンになるのが奥田流です。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る