日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

息子が大麻で逮捕…元チェッカーズ武内享“甘い父親”の悲哀

 元チェッカーズのリーダーでミュージシャンの武内享(53)の息子2人が大麻取締法違反で警視庁に逮捕された。

 長男で無職の武内健太容疑者(21)と、目黒区内の私立高に通う高3の次男(18)だ。健太容疑者は今年6月、世田谷区の自宅マンションで、次男に大麻0.5グラムを譲り、次男はそれを7000円で同級生に売った疑い。それも校内で売買したというから、とんでもない“悪ガキ”だろう。

 父親の武内は1日に更新した自身のブログで〈二人と向かい合って再スタートをするために、オレはこのまま頑張って行こうと思ってます〉などとつづっているが、すっかり健太容疑者にだまされていたようだ。

 武内のツイッターによると、健太容疑者は2年前の春に「ヒップホップを本気でやりたい」「一人暮らしをしたい」と言い出した。武内は「少し優しくしようか。手を貸してやるか」という気持ちが芽生え、一人暮らしに同意したらしい。それが大間違いだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事