日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
萩原健太
著者のコラム一覧
萩原健太音楽評論家、DJ

1956年、埼玉県生まれ。早大法学部卒、早川書房に入社後、フリーに。無料の電子書籍版音楽誌「エリス」編集長。最新刊は「70年代シティ・ポップ・クロニクル」(Pヴァイン刊)。公式ホームページ=https://nothingbutpop.wordpress.com/ ツイッター@kenta45rpm

早口ダミ声のキワモノから国民的バンドへ 衰え知らずの一枚

サザンオールスターズ「葡萄」

 始まりは“異端”だった。78年にデビューしたサザンオールスターズ。当初、彼らの売りはといえば、ジョギングパンツ姿で宙づりにされたり、サンバダンサーと踊ったりする派手なパフォーマンスと、何を歌っているのか分からない早口のダミ声。彼らはある種のキワモノとして登場してきた。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事