日曜夜の気分に変化 「下町ロケット見て元気に」の声が急増中

公開日: 更新日:

 15日放送のTBS日曜劇場「下町ロケット」(夜9時~)第5話の視聴率が20.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と初めて“大台超え”したが、視聴率の上昇に比例するように、巷では「月曜を元気に迎えられる」という声が増えている。

 同ドラマは、町工場を経営する佃航平(阿部寛=51)がロケットエンジンの開発にまい進するストーリー。放送のたびに「町工場の意地と底力に希望をもらった」とする旨のツイートが続出し、15日の放送後も<憂鬱な日曜晩、下町ロケットが働くモチベーションを高めてくれる><日曜なのに、明日からの仕事がまったく憂鬱にならないドラマ>など、前向きな気分になったとする書き込みが相次いだ。

 月曜からの仕事や学校を思ってブルーになることを表す“サザエさん症候群”という言葉があるが、ツイッター上には<サザエさんをみて『あー明日から仕事か』と憂鬱になる時代はもう古い>と言い切る視聴者も。<下町ロケットを見出してから元気に月曜を迎えられます(笑)半沢直樹、天皇の料理番もはまりました>といった声もあり、TBS日曜劇場でおなじみの“痛快パターン”が浸透しつつあるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る