「下町ロケット」専門家が見た好発進要因は“特盛り全部のせ”

公開日: 更新日:

 アベカンの演技は脂が乗りまくりだと再認識させられる初回であった。10月期クールの大本命、阿部寛(51)主演のドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜21時~)が今週からスタート。

 池井戸潤氏の小説を原作とした今作は、最高視聴率40%超えを記録した「半沢直樹」や「ルーズヴェルト・ゲーム」に続く“池井戸ドラマ第3弾”で、新作を楽しみにしていた人は多かったようだ。

 同クールでは、テレビ朝日の人気シリーズ「相棒」に次ぐ初回視聴率16.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、上々の出だしを切った。

 物語はロケットエンジンの開発研究員を辞めて父親が残した町工場を継ぐも夢を諦められない男とその家族、社員らの姿を描くヒューマンドラマ。専門家はどう見たか。

「2回目以降に期待を持たせるクオリティー。勧善懲悪のストーリーを強調するべく、『半沢直樹』で確立させた役者陣の顔芸をはじめ、場面のつなぎに挟む日の出や日の入りの映像など定番の要素をふんだんに織り込んだ印象です。作戦会議の場ひとつとってもカネの亡者は料亭、対する弱者は赤提灯にして分かりやすかった。とにかく“お馴染み”のがてんこ盛りで、ベテランピッチャーの配球を見せつけられたような感覚。〈待ってました〉と〈またか〉のアンビバレントな気持ちが働いた初回でした」(コラムニストの桧山珠美氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る