「下町ロケット」で水原本部長役 木下ほうか語る下積み時代

公開日:  更新日:

 現在放送中の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系)の水原本部長役を演じて注目の木下ほうかさん(51)。バラエティーの「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ系)のイヤミな馬場課長も話題で、今やテレビに欠かせない存在だが、ブレークしたのはここ数年のこと。長い下積み時代があった――。

 東京駅から新中野駅まではざっと10キロほど。僕はその地下鉄運賃160円がもったいなくて、よく歩きました。途中で休憩を入れますから、3時間ちょい。今から20年ほど前、30歳前後はそんな貧乏生活でした。

 俳優になったのは、高校1年だった16歳の時、オーディションをパスして出演した映画「ガキ帝国」(1981年、井筒和幸監督)がきっかけです。あの作品で、井筒監督や島田紳助さんらと親しくなり、大阪芸大を卒業後の86年、月給8万円で吉本新喜劇の劇団員になりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る