ウハウハから一転 電撃ネットワークを襲った「ドイツの悲劇」

公開日:  更新日:

 テレビでは放送できない過激なパフォーマンスで知られる「電撃ネットワーク」。ダンナ小柳さん(47)は鼻から入れた牛乳を目から出したり、ドライアイスを食べて白煙を鼻から出したりするオリジナル芸で知られる。そんな小柳さんらメンバーを襲った悲劇とは……。

「明日、ギャラの精算をするから」

 ドイツのベルリン。忘れもしないですよ。あれは1996年の2月でした。

 僕ら電撃ネットワークは95年12月からの約2カ月間、ドイツの13都市で50ステージを超えるツアーを行ったんです。

 会場はどこも超満員。ステージの合間を縫ってテレビにラジオ、雑誌や新聞の取材もこなしてね。

 他にも公演のサポートになればと、あちこちのイベントに顔を出してさ。休日らしい休日もなく、当時はやってたエナジードリンク「リゲイン」のCMみたいに、24時間フル稼働でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る