ウハウハから一転 電撃ネットワークを襲った「ドイツの悲劇」

公開日:  更新日:

 テレビでは放送できない過激なパフォーマンスで知られる「電撃ネットワーク」。ダンナ小柳さん(47)は鼻から入れた牛乳を目から出したり、ドライアイスを食べて白煙を鼻から出したりするオリジナル芸で知られる。そんな小柳さんらメンバーを襲った悲劇とは……。

「明日、ギャラの精算をするから」

 ドイツのベルリン。忘れもしないですよ。あれは1996年の2月でした。

 僕ら電撃ネットワークは95年12月からの約2カ月間、ドイツの13都市で50ステージを超えるツアーを行ったんです。

 会場はどこも超満員。ステージの合間を縫ってテレビにラジオ、雑誌や新聞の取材もこなしてね。

 他にも公演のサポートになればと、あちこちのイベントに顔を出してさ。休日らしい休日もなく、当時はやってたエナジードリンク「リゲイン」のCMみたいに、24時間フル稼働でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る