米国で半年間ホームレス…園子温監督が振り返る“極貧時代”

公開日:  更新日:

 2008年の映画「愛のむきだし」が第59回ベルリン国際映画祭、11年の「冷たい熱帯魚」が第67回ベネチア国際映画祭でそれぞれ受賞と、国際的に高い評価を得ている園子温監督。今年は6月27日公開「ラブ&ピース」など4本の映画が公開され、精力的に活動を続けているが、かつてはホームレスの経験もあった──。

「ラブ&ピース」の台本を書いてたのが25年ぐらい前。まだ20代後半で、その頃のボクはまさに「ラブ&ピース」の主人公の鈴木良一そのまま。明日のことも分からず、いつ実現するか知れない台本をコツコツ書いて、いつかこの映画で世の中をアッといわせてやるぞって、大志を抱いていました。

 まさか映画になるまで25年もかかるなんて。そう、その時のボクに言ったら、ショック死しそうで、とても言えないですね(笑い)。

 大学時代、映画サークルに入って8ミリ映画を撮り始め、20代後半になってもずっとアルバイトしながら、自主映画を撮っていたんです。アルバイトはソバ屋の出前以外は何でもやった。夜警、新聞配達、肉体労働……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る