日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヒロミとカップ麺分け合い…デビット伊東が語る下積み生活

 90年前後、3人組コントグループ「B21スペシャル」で人気を博したデビット伊東さん(48)。近年は俳優兼ラーメン店の経営者としても活躍しているが、「B21スペシャル」でデビューする前はやはりお金がなかった。若い時はそれも苦にならなかったそうだが……。

 高校を出た後、「オスカル」ってショーパブで歌ったり踊ったりしていたんですけど、「オスカル」がつぶれた後の半年間くらいが、ボクの人生で一番お金がなかった時期ですね。いや、どうにも食えなかった。

 高校を卒業した後、これからどうしよう、とりあえず仕事しないと、と思い、埼玉の実家から東京・上石神井のスイミングスクールに通い、昼間は水泳のコーチをし、夜から朝までは新宿・歌舞伎町の「オスカル」で働き始めたんです。

 ところが、その「オスカル」が1年ぐらいでつぶれちゃった。月12万~13万円稼いでいたので痛かったですね。水泳コーチの時給は680円。しかも、1日2時間くらいしか入れられなかったので、たいした金にならないんですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事