ヒロミとカップ麺分け合い…デビット伊東が語る下積み生活

公開日:  更新日:

 90年前後、3人組コントグループ「B21スペシャル」で人気を博したデビット伊東さん(48)。近年は俳優兼ラーメン店の経営者としても活躍しているが、「B21スペシャル」でデビューする前はやはりお金がなかった。若い時はそれも苦にならなかったそうだが……。

 高校を出た後、「オスカル」ってショーパブで歌ったり踊ったりしていたんですけど、「オスカル」がつぶれた後の半年間くらいが、ボクの人生で一番お金がなかった時期ですね。いや、どうにも食えなかった。

 高校を卒業した後、これからどうしよう、とりあえず仕事しないと、と思い、埼玉の実家から東京・上石神井のスイミングスクールに通い、昼間は水泳のコーチをし、夜から朝までは新宿・歌舞伎町の「オスカル」で働き始めたんです。

 ところが、その「オスカル」が1年ぐらいでつぶれちゃった。月12万~13万円稼いでいたので痛かったですね。水泳コーチの時給は680円。しかも、1日2時間くらいしか入れられなかったので、たいした金にならないんですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る