絶賛の嵐 下町ロケット裏番組「刑事フォイル」何が凄い?

公開日:  更新日:

 小さな町工場の奮闘を描いた「下町ロケット」(TBS系)の視聴率が今年の民放連ドラのトップを記録したそうだが(6日放送=20.4%。ビデオリサーチ調べ、関東地区)、実はテレビのプロたちの間では比べものにならないくらい大絶賛されている連ドラがある。しかも、「下町ロケット」の裏番組(日曜夜9時~)というからビックリだ。番組名はズバリ「刑事フォイル」(NHKBSプレミアム)だ。辛口の放送批評で知られる作家の麻生千晶氏が興奮気味にこう言う。

「私はこれまで『刑事コロンボ』が刑事ドラマの王様と思っていましたが、『フォイル』はそれを上回ります。“あんな傑作見たことない!”と言ってもいいぐらい。ドラマはイギリスの田舎町に起きた事件を中心に展開されますが、まず時代設定が凄い。第2次世界大戦中の出来事で、事件の背景ではドイツやアメリカがどう動いたかなどの世界情勢が描かれている。さらに戦時中のことですから、国民相互が疑心暗鬼になったり、外国人への差別が起きますが、そうした社会情勢にも切り込んでいるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る