「下町ロケット」佃製作所のロケ地は社員190人ネジ工場

公開日: 更新日:

 多摩川のサイクリングロード(東京都側)を河口から20~30分も走ると、どこかで見たような看板が目に飛び込んでくる。東京都大田区矢口の付近だ。

 鉄塔に掲げられた文字は「桂川精螺」。見覚えのあるたたずまいだが、さて、何だったか。

 実は、この桂川精螺は高視聴率を叩き出し、サラリーマンの支持も高いTBSドラマ「下町ロケット」のロケ地なのだ。前回の放送(12月6日)は平均視聴率20・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、今年の民放ドラマでトップに躍り出た。

 ドラマでは「佃製作所」となっている。主演の阿部寛(佃航平=社長)や、立川談春(殿村経理部長)、安田顕(山崎技術開発部長)らが、何度も顔を突き合わせ議論を展開する場所だ。ドラマでは、佃製作所の鉄塔が出てくるシーンも多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る