日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キムタク以外は引退恐れも SMAP独立クーデター失敗で決着か

 日本だけでなくアジアでも広く伝えられたSMAPの解散報道。ジャニーズ事務所は13日、報道について認めた上で「この件について協議・交渉がなされている事実は存しますが、そのような状況下であるため、詳細についてのお問い合わせにはお答えできません」とコメントを発表した。

「SMAPの育ての親」とも呼ばれる女性チーフマネジャーが画策した今回の独立劇。メンバーのうち、中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草彅剛(41)、香取慎吾(38)の4人が同調し、木村拓哉(43)はジャニーズ事務所に残留する意思を固めたと報じられているが、ここに至るまでには半年以上にわたり水面下で暗闘が繰り広げられていた。その詳細については本紙既報の通りだが、「事態は収束に向かいつつある」と話すのは事情に詳しい芸能関係者だ。

「ジャニーズはどんなに売れっ子であっても独立の意思を示したら引き留めない。古くは郷ひろみ、田原俊彦、元SMAPの森且行もそうです。その代償として、反旗を翻した以上は徹底的に芸能界から干すし、後戻りは許さない。身内以外は敵という鉄の掟がある。だからこそ、ジャニーズから独立する場合はジャニーズと対等に渡り合えるプロダクションを“ケツ持ち”につける。郷ひろみや本木雅弘のケースはそうでした。今回もチーフマネジャーは早い段階から芸能界の有力者や大手プロダクション幹部への根回しに動いていたそうですが、条件面などで折り合わず、二転三転したあげくにバックがどこも決まらなかった。結果、同調した4人のメンバーだけで徒手空拳の独立を余儀なくされましたが、“ケツ持ち”がなければジャニーズを相手に活動は厳しい。チーフマネジャーは責任をとって芸能界引退が囁かれています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事