• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女性誌にまで心配され始めた…SMAP香取慎吾の正念場

主演ドラマの平均視聴率が1ケタ台

 女性誌から心配されるようでは、SMAP香取慎吾(37)も心配だ。主演ドラマ「SMOKING GUN」(フジテレビ系)の平均視聴率が7%台と低空飛行。はっきり言ってコケた。

 ところが、先週末、東京・恵比寿で開かれたドラマの打ち上げで、香取は明け方近くまでハイテンション。途中で服を着替える“お色直し”までしたもんだから、発売中の週刊女性は、「あまり浮かれていられるような状況ではないはずなんですけどねえ」というテレビ誌ライターのコメントを載せている。
〈大コケにめげずに次回作でガンバって!〉と、一応エールを送っていたが、ジャニーズのタレントには好意的な女性誌がそれだから、香取、大丈夫か?

 SMAP自体の人気が下降気味とはいえ、それでも香取主演のドラマは2011年から昨年まで、平均11%台と2ケタを死守してきた。それが「SMOKING GUN」は、一時5%台まで落ち込んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る