• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在はお笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著は「逆襲する山里亮太」(双葉社)など。

シュール芸でM-1決勝へ 個性派コンビ「馬鹿よ貴方」の素顔

【連載コラム 2016新春「笑」芸人解体新書】

 14年の「THE MANZAI」と15年の「M-1グランプリ」で2年連続の決勝進出。その経歴だけを見れば、新道竜巳(38)と平井“ファラオ”光(31)の馬鹿よ貴方はは、揺るぎない実力を持った漫才師という感じがする。だが、実はなかなか一筋縄ではいかない個性的なコンビだ。

「M-1」決勝の大舞台では、自由奔放なファラオのボケが冴え渡り、後半は彼が「大丈夫だよ、大丈夫か、大丈夫……」と同じフレーズを約40秒間延々と繰り返す、という挑戦的な試みを見せていた。いかにも好みが分かれそうなとんがったパフォーマンスであり、見ている方が試されているような漫才だった。

 この日、トップバッターのメイプル超合金に続いて、2番手にも変わり種の彼らが出てきたことで、審査員のサンドウィッチマンの富澤たけしも「M-1ってこんなんでしたっけ!?」と驚きの声を漏らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る