ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

シュール芸でM-1決勝へ 個性派コンビ「馬鹿よ貴方」の素顔

公開日: 更新日:

【連載コラム 2016新春「笑」芸人解体新書】

 14年の「THE MANZAI」と15年の「M-1グランプリ」で2年連続の決勝進出。その経歴だけを見れば、新道竜巳(38)と平井“ファラオ”光(31)の馬鹿よ貴方はは、揺るぎない実力を持った漫才師という感じがする。だが、実はなかなか一筋縄ではいかない個性的なコンビだ。

「M-1」決勝の大舞台では、自由奔放なファラオのボケが冴え渡り、後半は彼が「大丈夫だよ、大丈夫か、大丈夫……」と同じフレーズを約40秒間延々と繰り返す、という挑戦的な試みを見せていた。いかにも好みが分かれそうなとんがったパフォーマンスであり、見ている方が試されているような漫才だった。

 この日、トップバッターのメイプル超合金に続いて、2番手にも変わり種の彼らが出てきたことで、審査員のサンドウィッチマンの富澤たけしも「M-1ってこんなんでしたっけ!?」と驚きの声を漏らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る