ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

ハリセンに続く? 「おかずクラブ」躍進が期待できるワケ

公開日: 更新日:

【連載コラム 2016新春「笑」芸人解体新書】

 昨年もお笑い界では新たなブレーク芸人が何組も出現した。これから一発屋と見なされて勢いが落ちてしまう人もいれば、人気が定着して長く残っていく人もいるだろう。

 中でも、これからも活躍しそうな芸人の筆頭として注目されているのが、おかずクラブだ。

 おかずクラブは15年の正月特番「ぐるナイおもしろ荘SP」で頭角を現した。ここで優勝したことで勢いに乗り、1年間で146番組に出演(「ニホンモニター」調べ)。一気に売れっ子の仲間入りを果たした。

 おかっぱ頭で座敷わらし似のオカリナ(31)とぽっちゃりキャラのゆいP(29)。そんな2人が自信満々に暑苦しい演技でいい女ぶってみせるコントが評判を呼んだ。ゆいPは、自分がかわいすぎるから男性にセクハラされるのだと言うオカリナをかばって「これがおまえらのやり方かー!」と絶叫する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る