ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

トレンディエンジェルの“ハゲネタ”が他と一線を画す理由

公開日: 更新日:

【連載コラム 2016新春「笑」芸人解体新書】

 いま飛ぶ鳥を落として頭の毛をむしってハゲさせる勢いで絶賛売り出し中の若手漫才師といえば、「ダブルハゲ」がトレードマークのトレンディエンジェル。昨年末の漫才日本一を決める「M-1グランプリ」で見事に優勝を果たした若手の有望株だ。

 斎藤司(36)、たかし(29)の漫才の売りは、その見た目を生かしたハゲネタ。自分たちの容姿をネタにするのはお笑いの基本だが、彼らのハゲネタは他の芸人とはひと味違う。決してハゲに頼った安易なネタ作りをしているわけではない。自分たちの武器を生かすためにさまざまな工夫をしているのだ。

 そのひとつが、ボケ担当の斎藤が異常に格好つけていることだ。彼は根っからの二枚目気取り。髪が生え揃っていた若い頃にはなかなかの男前で、ジャニーズに憧れていたほど。ところが、みるみるうちに額が広くなりアイドルへの道を断念。芸人としてスターになることを目指し始めたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る