ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

トレンディエンジェルの“ハゲネタ”が他と一線を画す理由

公開日: 更新日:

【連載コラム 2016新春「笑」芸人解体新書】

 いま飛ぶ鳥を落として頭の毛をむしってハゲさせる勢いで絶賛売り出し中の若手漫才師といえば、「ダブルハゲ」がトレードマークのトレンディエンジェル。昨年末の漫才日本一を決める「M-1グランプリ」で見事に優勝を果たした若手の有望株だ。

 斎藤司(36)、たかし(29)の漫才の売りは、その見た目を生かしたハゲネタ。自分たちの容姿をネタにするのはお笑いの基本だが、彼らのハゲネタは他の芸人とはひと味違う。決してハゲに頼った安易なネタ作りをしているわけではない。自分たちの武器を生かすためにさまざまな工夫をしているのだ。

 そのひとつが、ボケ担当の斎藤が異常に格好つけていることだ。彼は根っからの二枚目気取り。髪が生え揃っていた若い頃にはなかなかの男前で、ジャニーズに憧れていたほど。ところが、みるみるうちに額が広くなりアイドルへの道を断念。芸人としてスターになることを目指し始めたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る