ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在はお笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著は「逆襲する山里亮太」(双葉社)など。

トレンディエンジェルの“ハゲネタ”が他と一線を画す理由

公開日:  更新日:

【連載コラム 2016新春「笑」芸人解体新書】

 いま飛ぶ鳥を落として頭の毛をむしってハゲさせる勢いで絶賛売り出し中の若手漫才師といえば、「ダブルハゲ」がトレードマークのトレンディエンジェル。昨年末の漫才日本一を決める「M-1グランプリ」で見事に優勝を果たした若手の有望株だ。

 斎藤司(36)、たかし(29)の漫才の売りは、その見た目を生かしたハゲネタ。自分たちの容姿をネタにするのはお笑いの基本だが、彼らのハゲネタは他の芸人とはひと味違う。決してハゲに頼った安易なネタ作りをしているわけではない。自分たちの武器を生かすためにさまざまな工夫をしているのだ。

 そのひとつが、ボケ担当の斎藤が異常に格好つけていることだ。彼は根っからの二枚目気取り。髪が生え揃っていた若い頃にはなかなかの男前で、ジャニーズに憧れていたほど。ところが、みるみるうちに額が広くなりアイドルへの道を断念。芸人としてスターになることを目指し始めたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る