ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「教養としての平成お笑い史」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

トレンディエンジェルの“ハゲネタ”が他と一線を画す理由

公開日: 更新日:

【連載コラム 2016新春「笑」芸人解体新書】

 いま飛ぶ鳥を落として頭の毛をむしってハゲさせる勢いで絶賛売り出し中の若手漫才師といえば、「ダブルハゲ」がトレードマークのトレンディエンジェル。昨年末の漫才日本一を決める「M-1グランプリ」で見事に優勝を果たした若手の有望株だ。

 斎藤司(36)、たかし(29)の漫才の売りは、その見た目を生かしたハゲネタ。自分たちの容姿をネタにするのはお笑いの基本だが、彼らのハゲネタは他の芸人とはひと味違う。決してハゲに頼った安易なネタ作りをしているわけではない。自分たちの武器を生かすためにさまざまな工夫をしているのだ。

 そのひとつが、ボケ担当の斎藤が異常に格好つけていることだ。彼は根っからの二枚目気取り。髪が生え揃っていた若い頃にはなかなかの男前で、ジャニーズに憧れていたほど。ところが、みるみるうちに額が広くなりアイドルへの道を断念。芸人としてスターになることを目指し始めたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る