“ポスト・ベッキー”探しウンザリ ハーフタレントは必要か

公開日: 更新日:

 何ともかわいそうなベッキー(31)。日刊ゲンダイ本紙でも指摘した通り“魔女狩り”のような叩かれようで、ネット上では「ベッキーは悪くない」「他に騒ぐことないのかよ」と呆れる声も多い。中にはベッキーのことをよく知らないで(どこの国のハーフかも知らず)、悪く言う人もいる。

 と同時に騒がれている“ポスト・ベッキー”探しにもウンザリだ。

 真っ先に名前が挙がるのはSHELLY(31=イタリア系米国人と日本人)だが、彼女はそつなくこなす司会(仕切り)タイプだし、同い年のベッキーのポストには適してない。

 あまり候補に挙がらないホラン千秋(27=アイルランド人と日本人)はSHELLYと似たタイプだが、さらにキャスター向き。

 もう少し若いところで3人を挙げると、マギー(23=スコットランド系カナダ人と日本人)はいかにもバラエティーで重宝されそうなキャラ。無難に活躍しそうだし、見た目もモデルだから文句なし。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る