• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“ポスト・ベッキー”探しウンザリ ハーフタレントは必要か

投稿日:  更新日:

 何ともかわいそうなベッキー(31)。日刊ゲンダイ本紙でも指摘した通り“魔女狩り”のような叩かれようで、ネット上では「ベッキーは悪くない」「他に騒ぐことないのかよ」と呆れる声も多い。中にはベッキーのことをよく知らないで(どこの国のハーフかも知らず)、悪く言う人もいる。

 と同時に騒がれている“ポスト・ベッキー”探しにもウンザリだ。

 真っ先に名前が挙がるのはSHELLY(31=イタリア系米国人と日本人)だが、彼女はそつなくこなす司会(仕切り)タイプだし、同い年のベッキーのポストには適してない。

 あまり候補に挙がらないホラン千秋(27=アイルランド人と日本人)はSHELLYと似たタイプだが、さらにキャスター向き。

 もう少し若いところで3人を挙げると、マギー(23=スコットランド系カナダ人と日本人)はいかにもバラエティーで重宝されそうなキャラ。無難に活躍しそうだし、見た目もモデルだから文句なし。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る