日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不倫騒動で女王陥落 “ポスト・ベッキー”最右翼タレントは?

 年明け早々、人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫交際がスッパ抜かれたタレントのベッキー(31)。イメージキャラクターを務めていた企業の逃げ足は早く、すでに数社が他タレントの出演CMへの差し替えや打ち切りを決定。残りの企業も契約更新の意志がないことを表明するなど、クライアント離れが避けられない事態となっている。

 元モーニング娘。の矢口真里(32)は不倫報道後、当時出演していたCMとレギュラー番組を次々と降板し、最終的には無期限の活動休止に追い込まれた。現在10本のレギュラー番組を持っているベッキーも、もはや人ごとではない。

 そんな中、バラエティー業界では早くも“ポスト・ベッキー”探しが始まっている。

 ベッキーの後釜として、MCとひな壇のどちらもこなせるSHELLY(31)や、モデルのローラ(24)、マギー(23)などのハーフタレントの名前があがる一方で、最有力と見られているのがタレントの小島瑠璃子(22)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事