• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不倫騒動で女王陥落 “ポスト・ベッキー”最右翼タレントは?

 年明け早々、人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫交際がスッパ抜かれたタレントのベッキー(31)。イメージキャラクターを務めていた企業の逃げ足は早く、すでに数社が他タレントの出演CMへの差し替えや打ち切りを決定。残りの企業も契約更新の意志がないことを表明するなど、クライアント離れが避けられない事態となっている。

 元モーニング娘。の矢口真里(32)は不倫報道後、当時出演していたCMとレギュラー番組を次々と降板し、最終的には無期限の活動休止に追い込まれた。現在10本のレギュラー番組を持っているベッキーも、もはや人ごとではない。

 そんな中、バラエティー業界では早くも“ポスト・ベッキー”探しが始まっている。

 ベッキーの後釜として、MCとひな壇のどちらもこなせるSHELLY(31)や、モデルのローラ(24)、マギー(23)などのハーフタレントの名前があがる一方で、最有力と見られているのがタレントの小島瑠璃子(22)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る