不倫騒動で女王陥落 “ポスト・ベッキー”最右翼タレントは?

公開日: 更新日:

 年明け早々、人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫交際がスッパ抜かれたタレントのベッキー(31)。イメージキャラクターを務めていた企業の逃げ足は早く、すでに数社が他タレントの出演CMへの差し替えや打ち切りを決定。残りの企業も契約更新の意志がないことを表明するなど、クライアント離れが避けられない事態となっている。

 元モーニング娘。の矢口真里(32)は不倫報道後、当時出演していたCMとレギュラー番組を次々と降板し、最終的には無期限の活動休止に追い込まれた。現在10本のレギュラー番組を持っているベッキーも、もはや人ごとではない。

 そんな中、バラエティー業界では早くも“ポスト・ベッキー”探しが始まっている。

 ベッキーの後釜として、MCとひな壇のどちらもこなせるSHELLY(31)や、モデルのローラ(24)、マギー(23)などのハーフタレントの名前があがる一方で、最有力と見られているのがタレントの小島瑠璃子(22)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る