不倫騒動で女王陥落 “ポスト・ベッキー”最右翼タレントは?

公開日:  更新日:

 年明け早々、人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫交際がスッパ抜かれたタレントのベッキー(31)。イメージキャラクターを務めていた企業の逃げ足は早く、すでに数社が他タレントの出演CMへの差し替えや打ち切りを決定。残りの企業も契約更新の意志がないことを表明するなど、クライアント離れが避けられない事態となっている。

 元モーニング娘。の矢口真里(32)は不倫報道後、当時出演していたCMとレギュラー番組を次々と降板し、最終的には無期限の活動休止に追い込まれた。現在10本のレギュラー番組を持っているベッキーも、もはや人ごとではない。

 そんな中、バラエティー業界では早くも“ポスト・ベッキー”探しが始まっている。

 ベッキーの後釜として、MCとひな壇のどちらもこなせるSHELLY(31)や、モデルのローラ(24)、マギー(23)などのハーフタレントの名前があがる一方で、最有力と見られているのがタレントの小島瑠璃子(22)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る