まるで魔女狩りの様相…暴走する「ベッキー叩き」の異常

公開日:  更新日:

 皮肉にも“数字”を稼いでいることが追い打ちをかける結果になっている。

「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫が報じられたベッキー(31)。テレビ局が続々と「事務所から療養の申し出で、当面の間、(ベッキーは)収録に参加しない」と発表。テレビのレギュラー10本は全て休演となった。

 CMからも姿を消したため、「見納めになるかも」と収録済みの番組の視聴率は急上昇。先月29日放送の「中居正広の金曜日のスマたちへ」(TBS系)の視聴率は17.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を記録(前4週平均は11.8%)し、31日放送の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)も19.9%(同17.4%)と高視聴率を叩き出した。

 マスコミ報道も激化の一途。スポーツ紙やワイドショーは毎日のように休演が決まった番組や打ち切りになったCMスポンサーを取り上げ、世論をたきつけている。大犯罪を犯したわけではあるまいに、まるで“魔女狩り”の様相だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る