まるで魔女狩りの様相…暴走する「ベッキー叩き」の異常

公開日:  更新日:

 皮肉にも“数字”を稼いでいることが追い打ちをかける結果になっている。

「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫が報じられたベッキー(31)。テレビ局が続々と「事務所から療養の申し出で、当面の間、(ベッキーは)収録に参加しない」と発表。テレビのレギュラー10本は全て休演となった。

 CMからも姿を消したため、「見納めになるかも」と収録済みの番組の視聴率は急上昇。先月29日放送の「中居正広の金曜日のスマたちへ」(TBS系)の視聴率は17.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を記録(前4週平均は11.8%)し、31日放送の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)も19.9%(同17.4%)と高視聴率を叩き出した。

 マスコミ報道も激化の一途。スポーツ紙やワイドショーは毎日のように休演が決まった番組や打ち切りになったCMスポンサーを取り上げ、世論をたきつけている。大犯罪を犯したわけではあるまいに、まるで“魔女狩り”の様相だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る