CM壊滅で深刻打撃 ベッキー事務所の“穴埋め役”は誰?

公開日: 更新日:

「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)と不倫騒動の渦中にいるベッキー(31)。不倫をスクープされた「週刊文春」に対し、「ありがとう文春!」「センテンススプリング」と挑発するLINEのやりとりも明るみに。さらに、28日発売の同誌では第1報直前に2人が「レッツ・ポジティブ!」という合言葉で励ましあっていたことも報じられた。

 レギュラー番組「にじいろジーン」(関西テレビ)の続投は決まるも、テレビ10本、ラジオ1本、CM10社のうち、CMが大打撃。来月以降はCMからベッキーの姿が消える可能性も出てきた。芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「ベッキーの所属事務所『サンミュージックプロダクション』は安達祐実やカンニング竹山など、お茶の間でおなじみの売れっ子を多く抱える老舗プロですが、稼ぎ頭はベッキー。屋台骨を失いつつある今、その穴埋め役が求められています。今回の“被害総額”は5億円近いともいわれ、酒井法子の覚醒剤事件以上。そんな中で支えるべきはスギちゃん、ダンディ坂野といった人気芸人たちでしょう。テレビはもちろん、営業やイベントで一致団結して支えるのが一番かもしれません。中でも新星で救世主となりそうなのが『メイプル超合金』。2人ともキャラが濃く、イベントに出ても話がうまいので、引っ張りだことなるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る