不倫で紅白は絶望的…ゲス川谷もベッキーと“共倒れ”危機

公開日: 更新日:

 好感度ナンバーワン・タレントとして君臨してきたベッキー(31)は5日、所属事務所が正式に休業を発表してバラエティー番組から姿を消す。人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(27)との不倫スキャンダルの痛手はあまりにも大きかった。

 ところで、ベッキーがボロボロなのに、相手のゲス川谷は逃げ切った印象もあるが、世の中はそんなに甘くない。「安穏としていられない。次のターゲットは川谷」とある音楽会社プロデューサーはいう。

 テレビ局にはファンや視聴者から「そもそも川谷は悪くないのか」と苦情が来るし、ネットなどでは「ベッキーだけが悪者なの」「彼女だけかわいそう」「不倫は一人じゃできないよ」といった川谷の責任を問う声も根強い。

 実際、今後「川谷は厳しい」と指摘するのはある音楽関係者。

「『ゲス乙女』が出演したテレビ朝日の『ミュージックステーション』やNHKなどにも苦情が殺到しました。とくに民放の場合、スポンサーが嫌がります。恐らく『ゲス乙女』がアーティストとしてベッキー同様、テレビやCMから干されることになる。NHKはボーカルが不倫というのはNGだから、今年の紅白は難しいでしょう。当然、露出が激減するのでCDやダウンロード数にも影響する。ベッキーと共倒れになることも考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る