不倫で紅白は絶望的…ゲス川谷もベッキーと“共倒れ”危機

公開日: 更新日:

 好感度ナンバーワン・タレントとして君臨してきたベッキー(31)は5日、所属事務所が正式に休業を発表してバラエティー番組から姿を消す。人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(27)との不倫スキャンダルの痛手はあまりにも大きかった。

 ところで、ベッキーがボロボロなのに、相手のゲス川谷は逃げ切った印象もあるが、世の中はそんなに甘くない。「安穏としていられない。次のターゲットは川谷」とある音楽会社プロデューサーはいう。

 テレビ局にはファンや視聴者から「そもそも川谷は悪くないのか」と苦情が来るし、ネットなどでは「ベッキーだけが悪者なの」「彼女だけかわいそう」「不倫は一人じゃできないよ」といった川谷の責任を問う声も根強い。

 実際、今後「川谷は厳しい」と指摘するのはある音楽関係者。

「『ゲス乙女』が出演したテレビ朝日の『ミュージックステーション』やNHKなどにも苦情が殺到しました。とくに民放の場合、スポンサーが嫌がります。恐らく『ゲス乙女』がアーティストとしてベッキー同様、テレビやCMから干されることになる。NHKはボーカルが不倫というのはNGだから、今年の紅白は難しいでしょう。当然、露出が激減するのでCDやダウンロード数にも影響する。ベッキーと共倒れになることも考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る