日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

押切もえ「両思い」宣言はモデル仲間たちへの強がり?

 15日、押切もえ(36)が「ディーアップマスカラ」新CM発表会に登場。イベント中に恋愛について聞かれた押切は「う~ん、あったかなあ」とお茶を濁したものの、報道陣に真意を問い詰められると、「好きな人がいます。両思いです。幸せです」と告白した。

 イベントには昨年結婚し、現在妊娠5カ月の釈由美子(37)も「幸せなゲスト」として出席。押切は「幸せなゲストを呼ぶということは、つまり私は不幸キャラなんだなとうすうす感じていた」と自虐的に話しながらも、「相手のあることなので今までは黙っていたけど、それを繰り返した結果、不幸キャラにされることが多くて」とあくまで“リア充”を主張。

 釈に「ちゃんと言わないと『週刊文春』さんに追いかけられちゃうよ」とツッコまれても、「彼氏じゃありません。両思いです。今の恋愛が幸せ。これがずっと続けば結婚になると思いますが、結婚がどうしてもしたいわけではない」と最後まで交際の事実を否定し、結婚にこだわらないこともアピールしていた。

 かつてカリスマ的人気だった「CanCam」モデルとして輝いていた押切だが、仲間の蛯原友里、山田優、西山茉希は結婚、出産。元エースで独り身なのは押切くらい。果たして、両思いの男は何者なのか。“強がり”じゃなきゃいいけど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事