ブログも祝福一色 釈由美子「山ガール婚」までのデコボコ道

公開日: 更新日:

「会社、休みたくなった」なんていう書き込みはホンのひと握り。大半は「釈チャン、おめでとう」の大合唱だった。13日、女優・釈由美子(37)が自身のブログで結婚を発表した。

 関係者によると、相手は都内や横浜、鎌倉などで複数のレストランを経営している実業家のAさん。釈とは同学年で、180センチの長身、俳優・沢村一樹似のイケメンだそうだ。

 なぜ普段は手厳しい意見の多いネットの書き込みが祝福エールであふれているかといえば、ズバリ、これまでプライベートでは不幸の連続だったからだ。まずは男性関係。

「98年、『ワンギャル』でデビューした途端、まずは15歳年上の有名カメラマンと噂になりました。数年後には芸能プロ社長との交際が話題になり、06年にはブライダル関連企業『テイクアンドギヴ・ニーズ』の野尻佳孝社長(現会長)を“有名女子アナから奪い取った”などとも週刊誌で話題になりました。さらに09年にはセレブ獣医師と“結婚直前”などと噂され、それが破局すると、12年には『GACKTの通い妻』などと書かれたことも。それらがことごとく“破談”になっているのです。よくよく男運には見放されていた」(ベテラン芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る