• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブログも祝福一色 釈由美子「山ガール婚」までのデコボコ道

「会社、休みたくなった」なんていう書き込みはホンのひと握り。大半は「釈チャン、おめでとう」の大合唱だった。13日、女優・釈由美子(37)が自身のブログで結婚を発表した。

 関係者によると、相手は都内や横浜、鎌倉などで複数のレストランを経営している実業家のAさん。釈とは同学年で、180センチの長身、俳優・沢村一樹似のイケメンだそうだ。

 なぜ普段は手厳しい意見の多いネットの書き込みが祝福エールであふれているかといえば、ズバリ、これまでプライベートでは不幸の連続だったからだ。まずは男性関係。

「98年、『ワンギャル』でデビューした途端、まずは15歳年上の有名カメラマンと噂になりました。数年後には芸能プロ社長との交際が話題になり、06年にはブライダル関連企業『テイクアンドギヴ・ニーズ』の野尻佳孝社長(現会長)を“有名女子アナから奪い取った”などとも週刊誌で話題になりました。さらに09年にはセレブ獣医師と“結婚直前”などと噂され、それが破局すると、12年には『GACKTの通い妻』などと書かれたことも。それらがことごとく“破談”になっているのです。よくよく男運には見放されていた」(ベテラン芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る