「二科展」入選作品は好評も…心配される押切もえの“移り気”

公開日:  更新日:

 モデルでタレントの押切もえ(35)が、4月から約4カ月をかけて完成させたという油絵が「二科展」に初入選し、話題を呼んでいる。会期2日目となる国立新美術館(東京・港区)では、「もえちゃんの絵だ!」と作品に駆け寄る女性グループも現れ、同展に毎年訪れているという年配の男性まで、「荒削りなところがあるけれど、優しい色使いで次の作品が楽しみ」と記念写真を撮っていた。

 彼女の作品について、ある二科展の会友に聞くと、「きっと何か光るところがあって選ばれたはず。工藤静香さんも初入選の作品は拙かったが、近年は深みを増してきたという評価もあります。作品を制作する上で大切なのは継続して積み上げていくことですから、今回の入選で繋がった他の洋画家からアドバイスを得て知識や技術を深め、今後の作品が磨かれていく可能性がありますね」と期待を込めた。

 となると、心配なのは押切の“移り気”だ。20個以上の趣味を持つと公言する彼女はマンションのプロデュース、農業、ヨガ、ワインエキスパート、アパレルのデザインなど、新しいことに挑戦するも、何らかの結果が出るとすぐ次の趣味に手を出すため、ネットには<器用だけど、何をやっても中途半端>と、やや辛らつな評価もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る