• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

辻仁成氏が報道に苦言「ツイッターは前後の流れも大事」

 作家の辻仁成氏(56)が16日、自身のツイッターで一部スポーツ紙の報道に苦言を呈した。

 辻氏のツイートは「最近、デイリースポーツさん、私のツイートをそのまま記事にされますが、どうなのでしょうね」と始まり、「今回は、ツイートひとつだけ記事にされてますが、ツイッターは前後のツイートの流れも大事。気になるツイがあるなら、取材申し込んで頂ければ、難しい場合ももちろんありますが、可能な限り受けますよ」と呼びかけた。

 同紙はこの日、「辻仁成、愛児が『もしパパが死んだら』」と題する記事をネット配信。前日15日に辻氏が投稿したツイートを取り上げ、2014年7月に離婚した女優・中山美穂(46)との間に生まれた長男・十斗君(12)から、「パパにもしものことがあったら、僕どうしたらいいの? 」と質問責めに遭った際、十斗君が希望の行き先について「ババのところがいいな」と話し、中山の名前が出なかったことを指摘した。

 しかし、辻氏はこの後のツイートで、「子供なりにいろいろ心配し考え悩んでるんだよね。余計なこと考えさせないようにするのも親の仕事だね」と息子の“気遣い”を思い、「出来る限り話す時間つくり寄り添ってあげなきゃ」とつづっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る