日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

辻仁成氏が報道に苦言「ツイッターは前後の流れも大事」

 作家の辻仁成氏(56)が16日、自身のツイッターで一部スポーツ紙の報道に苦言を呈した。

 辻氏のツイートは「最近、デイリースポーツさん、私のツイートをそのまま記事にされますが、どうなのでしょうね」と始まり、「今回は、ツイートひとつだけ記事にされてますが、ツイッターは前後のツイートの流れも大事。気になるツイがあるなら、取材申し込んで頂ければ、難しい場合ももちろんありますが、可能な限り受けますよ」と呼びかけた。

 同紙はこの日、「辻仁成、愛児が『もしパパが死んだら』」と題する記事をネット配信。前日15日に辻氏が投稿したツイートを取り上げ、2014年7月に離婚した女優・中山美穂(46)との間に生まれた長男・十斗君(12)から、「パパにもしものことがあったら、僕どうしたらいいの? 」と質問責めに遭った際、十斗君が希望の行き先について「ババのところがいいな」と話し、中山の名前が出なかったことを指摘した。

 しかし、辻氏はこの後のツイートで、「子供なりにいろいろ心配し考え悩んでるんだよね。余計なこと考えさせないようにするのも親の仕事だね」と息子の“気遣い”を思い、「出来る限り話す時間つくり寄り添ってあげなきゃ」とつづっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事