辻仁成氏が報道に苦言「ツイッターは前後の流れも大事」

公開日: 更新日:

 作家の辻仁成氏(56)が16日、自身のツイッターで一部スポーツ紙の報道に苦言を呈した。

 辻氏のツイートは「最近、デイリースポーツさん、私のツイートをそのまま記事にされますが、どうなのでしょうね」と始まり、「今回は、ツイートひとつだけ記事にされてますが、ツイッターは前後のツイートの流れも大事。気になるツイがあるなら、取材申し込んで頂ければ、難しい場合ももちろんありますが、可能な限り受けますよ」と呼びかけた。

 同紙はこの日、「辻仁成、愛児が『もしパパが死んだら』」と題する記事をネット配信。前日15日に辻氏が投稿したツイートを取り上げ、2014年7月に離婚した女優・中山美穂(46)との間に生まれた長男・十斗君(12)から、「パパにもしものことがあったら、僕どうしたらいいの? 」と質問責めに遭った際、十斗君が希望の行き先について「ババのところがいいな」と話し、中山の名前が出なかったことを指摘した。

 しかし、辻氏はこの後のツイートで、「子供なりにいろいろ心配し考え悩んでるんだよね。余計なこと考えさせないようにするのも親の仕事だね」と息子の“気遣い”を思い、「出来る限り話す時間つくり寄り添ってあげなきゃ」とつづっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る