辻仁成と形勢逆転…中山美穂に“ネット世論逆風”の大誤算

公開日:  更新日:

 芥川賞作家で歌手の辻仁成(54)と、ようやく離婚できた女優の中山美穂(44)。11日付の自身のツイッターで<あまり多くは語りたくありませんが、きちんとした媒体でお話させて頂くつもりです。>と意味深なことをつぶやいていたが、どうやら「心中穏やかじゃない」(芸能ライター)らしい。

「中山サイドにとって重要だったのは、芸能界に本格復帰するために、いかにイメージを崩さずに離婚するか、だったんです。それで辻を悪者にするために“中性化”という話をリークしたと、まことしやかにささやかれています」(在京キー局関係者)

 今年4月には辻の“奇行”ばかりが報じられるように。変人夫に愛想を尽かした妻という図式が出来上がった。

「中山サイドにとっては好都合に話が進んでいたんですが、5月になって中山と音楽家・渋谷慶一郎氏の“不倫”を報じられてしまった。辻サイドの意趣返しともいわれますが、いずれにせよ、この一件もあって、辻と中山のひとり息子は、辻と暮らすことを選んだそうです。親権も辻に。ネット上では<不倫報道は本当だったんだ>などと、今じゃ中山が悪者みたいに騒がれています」(芸能ライター=前出)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る