辻仁成と形勢逆転…中山美穂に“ネット世論逆風”の大誤算

公開日: 更新日:

 芥川賞作家で歌手の辻仁成(54)と、ようやく離婚できた女優の中山美穂(44)。11日付の自身のツイッターで<あまり多くは語りたくありませんが、きちんとした媒体でお話させて頂くつもりです。>と意味深なことをつぶやいていたが、どうやら「心中穏やかじゃない」(芸能ライター)らしい。

「中山サイドにとって重要だったのは、芸能界に本格復帰するために、いかにイメージを崩さずに離婚するか、だったんです。それで辻を悪者にするために“中性化”という話をリークしたと、まことしやかにささやかれています」(在京キー局関係者)

 今年4月には辻の“奇行”ばかりが報じられるように。変人夫に愛想を尽かした妻という図式が出来上がった。

「中山サイドにとっては好都合に話が進んでいたんですが、5月になって中山と音楽家・渋谷慶一郎氏の“不倫”を報じられてしまった。辻サイドの意趣返しともいわれますが、いずれにせよ、この一件もあって、辻と中山のひとり息子は、辻と暮らすことを選んだそうです。親権も辻に。ネット上では<不倫報道は本当だったんだ>などと、今じゃ中山が悪者みたいに騒がれています」(芸能ライター=前出)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る