• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

舞台活動に着付け教室 女優・二宮さよ子さんは多忙の日々

 宮園純子、香山美子、土田早苗、鮎川いずみといえば、70年代から80年代の時代劇を華やかに彩った美人女優だ。もう1人、本日登場の二宮さよ子さん(67)も忘れられない。着物がよく似合い、優美な所作に男たちはメロメロになった。今どうしているのか。

■チケットは手売り

「6月30日、日本橋の三越劇場で一人芝居『明治一代女』を昼・夜2回上演するんです。約2時間、お芝居をして、新内を語り、清元を踊って、着物のお着替えは鏡なしで舞台上でやる。けっこうハードでしょ。おまけにワタシはどこの芸能事務所にも所属してないフリーだから、チケットも自分で売らなきゃならない。毎日がお稽古とチケットの手売りでてんてこ舞いです」

 都内月島の洋食店で会った二宮さん、こう言って苦笑した。黒のサマーセーターに白のカーディガン、ショールをさりげなく巻き、清潔感あふれる容姿は67歳にはとても見えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る