元小結の千代天山さん 和歌山・白浜でちゃんこ屋の板長に

公開日: 更新日:

 大いに将来を嘱望されながら、ケガに泣かされる力士は少なくない。千代天山さん(40歳・九重部屋)もその典型的なひとりだろう。新入幕から3場所連続三賞受賞という大相撲史上初の快挙を演じ、大関・横綱候補の最右翼に挙げられた。しかし、左足かかとの骨折で暗転。08年1月、31歳での引退を余儀なくされた。今どうしているのか。

■長男の小学校入学直前に白浜へ引っ越し

「いらっしゃい。食材を仕入れてきたばかりで、そいつを冷蔵庫にしまっちゃうから、お茶でも飲んでて」

 和歌山県白浜町。南紀白浜空港からクルマで約7分、紀勢本線と並行して走る県道34号沿いにある、ちゃんこ料理店「力士厨房 千代天山」を訪ねると、黒のオリジナルTシャツにジーパン姿の千代天山さんがいた。

「オープンしたのは09年の6月29日。オレが板長で、カミさんともうひとり、ホール係のパートさんで切り盛りしてる。名物はもちろん、九重部屋直伝の塩ちゃんこだね。鶏ガラで出汁を取ったスープに白菜、ニラ、お揚げ、豆腐、エノキ、シメジ、豚バラ、それに特製鶏団子がテンコ盛りで1人前1680円。他には両国国技館名物つくね串が2本で380円、東京場所名物純レバーが780円。これも値段の割にボリュームたっぷり、って評判だよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る